Windows XP 復旧メモ

マザーボードが壊れてしまい、PCが起動できなくなっちゃったので、新しい環境を構築してそちらで環境を復旧する方法の調査。

マザボが壊れたので新環境を構築するしかなかったわけだけど、そちらに移行しても旧環境のデータを引き継ぎたいので、新環境のスレーブに旧環境のHDDをつないでデータコピーを試みたのだけど、プロファイルフォルダの内容(C:\Document and Settings)の内容でパスワード保護がついているものはアクセス拒否されコピーできなかった(コピーできないというより、開くこともできない)。

トラブルシューティング

Administrator権限で操作してみたり、セーフモードで起動してみたりもしたけど、結論から言えばいずれも駄目だった。そして最終的に私が至ったのは修復セットアップ。旧環境と新環境が全く同じであれば、そのまま修復セットアップでも良いが、私の場合、旧環境と新環境ではマザボや諸々のハードウェア構成もガラリと変わっていたので、修復セットアップは、プロファイルフォルダの内容をコピーできるようにするという目的で行う。

  • 準備
    • Windows XP のインストールCD
    • CD(DVD)ドライブ(普通はあるよね)
  • 手順
  1. 新環境のマスタに旧環境のHDDをつなぐ。
    このとき、ジャンパの設定を変更するのを忘れないように。
  2. CDドライブにXPのインストールCDを入れてPCを起動する。
    CDからブートするので、BIOSの設定でCDのブート順位をHDDより上にしておくこと。
  3. セットアップが始まる。
  4. インストールを続行するか、回復コンソールを使うかの選択が表示されるので、ここは「インストールを続行」(多分、Enterキー)を選択。
  5. 今度は、OSを新規インストールとするか、既にHDDにあるOSを修復するかの選択が表示されるので、ここは修復を選択する(多分、Rキー)。
    手順4ではなく、この手順5でRキー。
  6. インストールが自動的に進行する。
    途中でいろいろな確認ダイアログが表示されることがあるが、適当で良い。ここは修復したOSを使うわけではなく、修復してデータを取り出すだけが目的なので。
  7. インストールが完了するとOSが自動的に再起動する。
  8. 再起動するとライセンス認証の手順になるが「後で認証」で良い。
  9. ここまでで、旧環境のユーザでログインできるようになる。
  10. 旧環境のユーザでログインしたら、プロファイルフォルダの内容を別のフォルダへコピーする。
    または「コントロールパネル」の「ユーザアカウント」の設定で、当該ユーザのパスワードを削除してしまう(これでパスワード保護がはずれる)。
    追記:パスワード削除しても「プライベートフォルダ」になってるとやっぱり拒否られるぽ。時間はかかるけど別フォルダにコピーするのが確実。(2007/08/20 01:08)
  11. PCをシャットダウンし、新環境を戻し、そのスレーブに上記で設定したHDDをつなぐ。
  12. 新環境で起動し、コピーしておいたプロファイルフォルダのデータを任意に利用する。
    新環境のプロファイルフォルダに入れるとか。

ちなみに、この作業はかなり時間がかかる。ハードが故障したら大体こういう状態に陥ると思うんだけど、その場合のもっと楽ちんな方法があって欲しいもの。

参考サイト


MLEXP. Wiki


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-15 (土) 12:07:57 (3662d)