Windows XP → Windows 7 移行する作業メモ。

プロファイル、データの移行

「Windows 転送ツール」というツールで、ほぼ自動的に旧PC環境が移行できる。

「スタート」から検索ボックスに「転送ツール」と入力すると、 第一候補に「Windows 転送ツール」が表示されるので、それを起動する。 あとは、表示される手順に従っていけばOK。

転送方法としては3つあり、転送用のケーブルを使う方法、ネットワーク経由で転送する方法、USBフラッシュメモリや外付けHDD経由で転送する方法。

転送ケーブルを持ってるなら、おそらくそれが一番高速な方法と思われるけど、およそそんなもの持ってないでしょう。なので、実際は後者2つのいずれか。用意できる環境や装置、あとは転送する容量との相談になるかと。

詳しい方法は、次のサイトなどで。

Windows 7 が既に新環境にインストールしてあれば、転送ツール自体をUSBメモリなり外付けHDDなりにコピーできる。

このツールで転送できる(実際にできた)内容は次の通り。

  • ユーザのプロファイル情報(デスクトップなど "Documents and Settings" 内のデータ含む)
  • メールデータ(Outlook Express を使用している場合)
  • 各種アプリケーションの設定
  • ディスク内の全てのフォルダとファイル

最も注意すべきなのは、メールデータ。これは Windows 7 側でまだ 「Windows Live メール」を起動していないことが前提となる。Windows 7 には Outlook Express はないので、それに変わるメーラが「Windows Live メール」となるが、これに OE のメールデータを取り込める機会が、なんと Windows Live メール の初回起動時のみ とのこと。えらい仕様だ。

順番としては、まず、転送ツールで 旧環境のプロファイル情報(メールデータ含む)を移行完了した後に、Windows Live メールを起動、とする。安全にいくなら、転送が完了するまで Windows Live はインストールしないこと。

もし、不幸にも、転送前に Windows Live メール を起動してしまった場合、Windows Live メールを使うには、Windows 7 OS の再インストールをするしかない。ただ、それは大変な手間なので、とりあえず OE のデータを取り込めるフリーやシェアなどの他のメーラを使って、そのうち MSさんが、いつでも OE のデータを取り込めるような修正を入れてくれると期待するのが良いかと(修正パッチが出るころには、そのメーラの使い勝手がお気に入りになってしまって、 Windows Live?何それ?状態かもしれないけどネ)。(追記参照)

2009/11/27 追記
個別のメールデータ移行の方法が下記サイトに書いてあるので、この方法でどうぞ。

ちなみに、デスクトップにショートカットなどを作っていればそれも復元されるが、それらの指すパスは旧環境のままなので、新環境で転送先のドライブやパスが変われば、ショートカットのリンクは当然切れるので、必要なショートカットは改めてつくり直すこと。

なお、インストールしていたソフトウェアまでは転送されない。それらは、新環境で改めてインストールすることになる。旧環境にインストールされていたアプリケーションのリストは転送後に一覧表示されるので参考にすると良い。

実際にどのデータを転送するかは、ツール上で選択できるようになっている。外部ストレージに移す場合、転送データをつくる前と、転送データが出来上がった後、新環境へ取り込む際のいずれでも選択できるので、よくわからなければ、転送データをつくるときは、旧PCの内容全部を選択しておいて、新PCでそれを取り出す際に必要なものだけ選択する、というやり方もある。

ただし、それも容量との相談で、あまりに量が多いと転送データをつくるのにも時間がかかる。私の場合、全選択で転送量が約100GBになり、これの転送に丸1日要した!普通は古いファイルは別途バックアップしておいて、喫緊に必要なものだけ転送する、というのが良いだろう。

「システムの復元」使用の際の注意

移行作業をする上で、設定の失敗を元に戻すツールとして「システムの復元」を使うことがあるかもしれない(というか、私は使った)。「システムの復元」というのは、OSに対して何か変更を加えたある時点(復元ポイント)までシステムの状態を巻き戻す機能。

ただ、その復元ポイントの状態が完全に復元されるかというと、そうではなさげ。

特に、システム上から一度削除(アンインストール)したアプリケーションがある場合、 「システムの復元」によってそれが戻ったとしても、ちょっと信用ならない。 (これが完全に復元できるなら、バックアップなんて必要ないよねって話か。)

なので、現時点から、戻したい復元ポイントまでの間に何かアプリケーションをアンインストールしている場合は、 そのアンインストールしたアプリケーションは復元対象となるが、正しく起動しない確率が高い。 むしろ、中途半端な状態で復元されるので、復元されないよりタチが悪い。

結論からいうと、「システムの復元」を行う際、 事前に再インストールが必要になるかもしれないアプリケーション一覧が表示されるのだけど、 そこに何かアプリが表示されている場合、その操作は行わない方が無難。

それをやってしまった場合どうなるかというと、

  • 復元されたアプリケーションは、正しく起動しない可能性が高い。
    (もしあなたが幸運なら、正しく起動する可能性もある。)
  • 「コントロールパネル」の「プログラムのアンインストール」に復元されたアプリケーションは表示されるのだけど、それを選択してもアンインストールが正しくできない可能性がある。
    (アンインストーラが復元されていないか、削除対象のファイルが復元されていないか、いろいろ原因は考えられるが。)
  • そのアプリケーションのインストールフォルダが復元されるが、そのフォルダを手動で削除できない可能性が高い。

という事態になる、かも。

w7_001.jpg

「プログラムのアンインストール」一覧から強制的に除外する方法

もし、システムの復元などをやって、実体がないのに一覧に表示されているという 幽霊プログラムができてしまった場合の対処方法。

方法1. レジストリからの削除

  1. プログラムの実行(Windowsキー + R など)から「regedit」を入力して実行。
  2. 次のエントリを開く。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\
  3. その中から、消したいアプリケーションのエントリを探して削除。

これはあくまで「プログラムのアンインストール」一覧から削除するだけなので、もしプログラム本体の方もゴミとして残っているなら、そちらも手動削除する。

方法2. フリーソフト「強制アンインストール」

このソフトを使うと、「プログラムのアンインストール」一覧から削除できる。名前が強烈なので誤解しやすいけど、これでプログラム本体がアンインストールされるわけではなく、あくまで一覧から表示を消すことができるというツール。

方法1同様、こちらもレジストリのエントリを消すだけなので、本体の始末は手動で。

削除できないフォルダを削除する方法

もし、システムの復元などをやって、いわゆるゴミフォルダができてしまい、しかもそれが削除できない状態になってしまった場合の対処方法。

状況

  • ログインユーザは Administrators グループに属している(管理者権限がある)はずのユーザ。
  • 該当フォルダを削除しようとすると「Administratorの許可が必要」と警告される。
  • Administrator でログインしなおし、該当フォルダを削除しようとすると、今度は「ユーザ(PC名\ユーザ名)の許可が必要」と警告される。
  • フォルダの所有者をAdministratorに変更して削除しようとすると、「管理者の許可が必要」と警告される。
    (いったい誰の許可があれば削除できるんだ!?状態)
  • フォルダの「アクセス許可」の設定が無効表示になっていて変更できない。(管理者なのに!)

こうなる原因は、フォルダの所有者が当該ユーザになっていて、そのフォルダ配下のサブフォルダ、及びファイルの所有者が Administrator になっているから、というオチらしい(今回の私の場合)。

実際、そのフォルダのアクセス許可のユーザエントリをみると、ユーザのアクセス許可がフルコントロールになっている適用先が「このフォルダのみ」になっていた。 一方、Administrator は「このフォルダ、サブフォルダ、およびファイル」(つまり全部)になっていた。

この場合、ユーザのアクセス許可の設定が異常なので、詳細設定の「子オブジェクトのアクセス許可すべてを、このオブジェクトからの継承可能なアクセス許可で置き換える」 チェックボックスにチェックを入れて「適用」または「OK」を押す。

そうすると、ユーザの「このフォルダのみ」という設定が削除され、「Administrator」の設定に吸収される。

w7_002.jpg

ちなみに、Windows 7 では Administrator ユーザは、デフォルトで無効になっている。 これは「管理ツール」→「コンピュータの管理」の「ローカルユーザとグループ」→「ユーザ」と辿り、「Administrator」のプロパティを開いて「アカウントを無効にする」チェックを外す。これでログオフ(またはユーザ切り替え)すれば、ログイン画面で Administrator が選択できる。(デフォルトではパスワードなし)

手順をまとめると、

  1. まず Administrator アカウントを有効にする(上記手順で)。
  2. 当該ユーザはログオフし、Administrator でログインする。
  3. 問題のフォルダを右クリックし、「プロパティ」を開く。
  4. 「セキュリティ」タブから「詳細設定」を開く。
  5. 「アクセス許可」タブの「子オブジェクトのアクセス許可すべてを、このオブジェクトからの継承可能なアクセス許可で置き換える」チェックボックスをONにする。
    ※このチェックボックスは、該当ユーザが存在しないと表示されない。
  6. 「OK」で設定画面を全て閉じる。

これで、Administrator のログイン状態で当該フォルダが削除できるようになっているはず。

突然インターネットが利用不可になる場合

Windows 7 の問題なのかわからないけど、今まで全く問題なくインターネットに接続できていたのに、特に何もしていないのに突然つながらなくなる、という事態が頻発する。

状況としては、

  • 特別な操作は特に何もしていない(これといって身に覚えがない)。
  • 突然、タスクバー右下のネットワークのインジケータに「!」が表示され、インターネットに接続できなくなる。
  • ネットワークの設定を開くと、インターネットへ出るルートに「×」が表示されている。
    LAN内は有効な感じ。
  • インターネットが利用不可(アクセスなし)となっている。
  • ただ、ローカルネットワークは利用できる。
    LAN内のコンピュータは参照できるが、Webやメールが使用できない状態。
  • LAN線をルータの別のジャックに差し替えても接続できないまま。
  • ルータをリセット(電源をOFF→ON)しても接続できないまま。
  • ルータ経由の接続でなく、モデムなどに直接接続しても接続できないまま。
  • 同じセグメント内の他のPC(WinXPなど)ではインターネットに接続できる。
    接続できないのは、Win7の当該PCのみ。
  • ipconfig を表示すると、デフォルトゲートウェイが空白になっている。
  • TCP/IPの設定で、IPアドレス、DNSサーバのアドレスは自動取得。

上記から推察するに、LAN側の問題ではなく、OS側(Win7)の問題と考えられるが。

ありがちな理由は次のサイトなどにある理由。

当然のように、こんな理由じゃない。いまだによくわからないが、他に考えられる原因は以下のようなものか。

LAN ケーブルの問題

疑われる原因

LAN線が切れているかも。そんなわけないと思い込んで、意外と落とし穴だったりする。特に長いこと使ってるケーブルは、疲労で内部が切れることもある。

解決方法

LAN線を交換してみる。

UAC の問題

疑われる原因

UAC(User Account Control)というのは、Vista から導入された悪評高いユーザ管理システム。何をするにも管理者の許可が必要というやつ。このせいで、ネットワーク接続に関わるサービスなりドライバなどが思うように動作できてないのではないか。

解決方法

UAC のレベルを最低まで下げてみる。

検索ボックスに「UAC」と入力すると「ユーザアカウント制御の変更」という項目が出てくるので、それを開いてレベルを最低にしてみる。

LANアダプタのドライバとOSとの相性

疑われる原因

Windows 7 は、何ぶんまだ新しいOSなので、ドライバが完全に対応できていないのではないか。

解決方法

とはいえ、LANアダプタのドライバは最新にしておくのが望ましいので、とりあえずデバイスマネージャから更新を確認。

なお、Windows は Vista から ネットワーク機器を XP までとは若干(?)異なるやりかたで制御するようになっているらしい。その関係で、従来(XP までの OSで)使えていたルータなどが使用できないかもしれないとのこと。

そのチェックができるツールが次のサイトから入手できる。

ルータがOSに対応していない

疑われる原因

XP まで使えていたものが 7 でダメになるという場合、一番ここが疑われる。7(Vista から)は XP までと制御方法が変わっているらしい。

解決方法

使っているルータが 7 に対応しているかどうかメーカのWebサイトなどで確認。非対応の場合は買い替えるしかないが、大抵はファームウェアのアップデートで対応できる。

セキュリティソフトの影響

疑われる原因

セキュリティソフトやファイアウォールなどがネットワーク接続の邪魔をしているのではないか

解決方法

一時的にセキュリティソフトやファイアウォールを無効にして接続を試してみる。

DHCP サーバとの相性

疑われる原因

MS製以外のDHCPサーバである場合、Windows XP(SP2以降)及び Vista とうまく折り合わないことがあるらしい(何だそりゃ)。

解決方法

次のサイトを参考にどうぞ。

最大接続数の超過

疑われる原因

プロバイダとの契約や、ルータの仕様などによって、接続数に限界があることもある。

解決方法

複数のネットワーク機器がインターネットを使用している場合は、とりあえず該当のPCのみにして接続を試してみる。

1台にして上手く接続できるようなら、幹線(CATVやマンションLANなど)やモデムから複数機器に分岐している機器が何かを確認する。それがHUBなら、それをルータに変更することで上手くいくことがある。

その他の原因

インターネットに接続できない多くのケースで、IPアドレスの取得に失敗している。その場合、コマンドプロンプト(Windowsキー + R から「cmd」と入力)で、「ipconfig」と入力して状態を表示すると、そのデフォルトゲートウェイのアドレスがブランクになっている。「ipconfig /renew」も失敗する。

これは DHCP(IPアドレスを自動割り当てするプロトコル)がうまく動いてないと考えられる。もしかすると DHCP のクライアントを再起動することで復帰したりはしないかとやってみたら、これが割りに上手くいくことが多い(今のところ)。

「コントロールパネル」→「管理ツール」→「サービス」を開いて、「DHCP Client」というサービスをみつけて、そいつを再起動(場合によっては、それに依存している他のサービスも再起動)してみる。それで、再度ネットワークの解決をしてみると、アッサリつながったりする。これは、サービスを起動するユーザの問題(UAC)なのか、単に相性なのか、どうもよくわからない。

毎回、ユーザ登録の問い合わせが表示される問題

MS Office や Adobe 製のプログラムで、初回起動時には、使用許諾の表示やユーザ登録の問い合わせが表示される。その画面は一度表示されたら、次回起動時からは表示されないものだが、これがなぜか毎回毎回表示されるということが起こる。

おかげで 私など Adobe のユーザ登録を5回くらいやっちゃったよ。もう。

何でこんなことになるかというと、原因は UAC。またお前か!管理者以外のユーザでプログラムを起動するとそうなるようで、そこを、管理者モードで起動して、管理者として使用許諾の合意なりユーザ登録なりすれば、それで手続きが完了したことになって、次回からその表示がされなくなる。

なので、Administrator でログインしなおして、問題のプログラムを起動するか、もしくは「スタート」から表示されるプログラム(のショートカット)を右クリックして表示される「管理者として実行」を選択して起動し、そこで件の手続きを完了すればよろしい、ということ。

参考:

SendTo? の場所

Windows 7(多分、Vista から)には "Documents and Settings" フォルダがない。 なので、SendTo? フォルダもどこへやら。

Win 7 では、プロファイルフォルダは、Users という名前に変わっている。 その下に掘られているフォルダ構成もいろいろ変わっているが、とりあえずよく使う SendTo? の場所は次の通り。

  • C:\Users\ユーザ名\AppData?\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo?

かなり深いが、これを一発で開く方法がある。

ファイル名を指定して実行(Windowsキー + R)で、「shell:sendto」と入力すると、上記フォルダが開く。これは便利。

MIDIの設定

Windows 7 では、標準でMIDIマッパー(MIDI信号の出力先)の設定が変更できない。つまり、MIDIファイルを開いたら関連付けられているプログラム(大抵はWMP)が起動するが、それは標準のソフト音源での演奏になる。

この設定は、レジストリの以下のエントリを書き換えれば変更できる。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion?\Multimedia\MIDIMap\szPname

2009/11/22 追記
上記エントリは Win7 にはないみたい。とりあえず下記サイトから MIDIマッパ を変更できるツールがダウンロードできるので、それで対応。

zip 形式なので展開すると "PLWMidiMap?.cpl" というファイルがあるので、そいつをそのまま実行すると、Win2k/XP などで見慣れた MIDIデバイスの選択画面が出てくる。ここでお好みのデバイスを設定してやれば OK。

参考

XPで使用していたプログラムの動作確認

大概のプログラムについては、次のサイトなどで報告されている。

以下は私の場合。

Outlook Express

要はメール。OE は Windows 7 にはない。それに変わるメールソフトが「Windows Live メール」というソフトになる。

ただ、OE のデータをこのメーラに引き継ぐには、これを起動する前に、旧環境のプロファイル情報の転送が完了していること(ここ重要!)が条件。転送後に Windows Live メールを起動すると、転送されたメール情報を自動的に読み込んでくれる(転送前に起動してしまうと、メールデータの取り込みで空振りしてしまい、それ以降いくら転送しても Windows Live メールは無視してしまう)。

もとより OE なんか使ってないという人なら特に問題はないが、OE ユーザは、ここを間違えるとかなり痛いので要注意。

Microsoft Office 2003

Word、Excel などの基本機能の動作に問題はない。

ただし、Office アシスタントは表示されない。イルカくんがいないと寂しいという人には残念なお知らせだが、Office 2007 からはアシスタント機能自体がなくなっているので、今後はサポートしないということでしょう。

Office 2003 でアシスタントが有効な場合、起動時に「Microsoft Agent 2.0」が入っていないと警告メッセージが出る。これは、Microsoft Agent を以下のサイトなどからダウンロードしてインストールすれば出なくすることはできる。

ちなみに、この Microsoft Agent を入れたらアシスタントを表示させることはできるが、表示がちょっと変(背景色が紫とか)。

Microsoft Visual Studio 2005

C# や VB などは問題なく使えるようだが、C++ が上手くないっぽい。Vista 向けのパッチが出てるので、これを適用すると上手く動くかもしれない。

まず「SP1」を当ててから「VS2005 SP1 Update」を適用すること。

あと、「スタートページ」が、初期設定で今は存在しないページが設定されているので表示されないが、実開発に影響はない。

avast! 4 Home Edition

インストール後、ウィルスのデータベースは最新に更新されているのに「古いから更新しろ」というような警告が出た(タスクバー右下のアイコンに「!」マークが表示される状態)。

ウィルスデータベースをいくら更新しても認識されないので、OSを再起動したら、やっと認識してくれた(警告も出なくなった)。

それ以降は、問題なく動作中。

Adobe Photoshop CS2

今のところ問題なく動作。

Macromedia Flash 8

今は Adobe ですが。今のところ問題なく動作。

GIMP

バージョン 2.6.6 で、問題なく動作。

CSE(Common SQL Environment)

起動時に次のようなエラーが出る。

「SHELLエラー。オブジェクトを解析中にエラーが発生しました。」

これは、起動後、SQL格納フォルダの「ルートフォルダの変更」で実際に存在するドライブなりフォルダを選択すればOK。

現在、動作確認中。

Cherry

MIDIドライバをインストールして「設定」→「環境設定」でデバイスを選択してやれば問題なく動作。

各音源のUSB接続用ドライバは以下からダウンロード。

Sound Engine Free

バージョン 4.51 で問題なく動作。

Audacity

バージョン 1.2.6 で問題なく動作。

FFFTP

バージョン 1.96d で問題なく動作。

SmileDownloader

バージョン 1.24 でとりあえず動作。

ただし、SmileDownloader? は IE を使用していれば、IE のキャッシュに入っている動画ファイルはキャッシュから取得してくれるという気の利いた仕様なのだけど、Windows 7(多分 Vista も)の場合、Administrator 以外のユーザ権限で普通に起動した場合、それが利かない(普通にサイトからダウンロードされてしまう)。

原因は、例によって UAC? どうも IE を「管理者モードで実行」すれば、その IE で閲覧した動画はキャッシュから取得してくれる。SmileDownloader? がみているプロファイルが管理者のものということなのかもしれない。

BOINC(SETI@home)

バージョン 6.10.18 で問題なく動作。

詳しい移行方法は以下にまとめた。

参考にしたサイト


MLEXP. Wiki


添付ファイル: filew7_002.jpg 2161件 [詳細] filew7_001.jpg 1640件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-15 (土) 12:07:56 (3741d)