パラドクス

paradox (パラドックス) とは、並立する逆説、つまり、単独で正しそうな解であるように見えるが、それに矛盾する別の正しそうな解が存在する(互いに矛盾する正しそうな解が存在する)(ように見える)状態のこと。実際には、いずれの解も正しくない(正解が無い)。

ジレンマとパラドクス

よく似た表現だが、次の違いがある。

  • ジレンマ
    互いに矛盾した正解が2つ以上存在する状態。
  • パラドクス
    正解がひとつもない状態。

嘘つきのパラドクス

“エピメデスのパラドクス”或いは“クレタ人のパラドクス”ともいう。

ギリシャの南にクレタ島という島がある。その島の住人は“全員嘘つきである”としたときに、そのクレタ人のひとりが次のように言及したとする。

クレタ人は嘘つきだ

果たして、こう言及したこのクレタ人は嘘つきであるか、また、このクレタ人は嘘をついているのだろうか、という議論。

これを、純粋な論理の問題として捉えると、正解はない。ただ、現実問題として捉える場合、「クレタ人の多くは嘘つきである」(つまり、本当のことをいうクレタ人もいる)ということに落ち着くだろう。

床屋のパラドクス

床屋がひとりしかいない村があり、その床屋は、その村で自分の髭を剃らない人の髭を剃り、自分で髭を剃る人の髭は剃らない、という。

では、その床屋自身は髭を剃るだろうか、剃らないだろうか、という議論。

これは、そのような床屋は存在することが出来ない、というのが正解(完全な矛盾であり、あり得ない)。


自然科学・哲学系メモ


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-15 (土) 12:08:07 (3053d)